編:ローレンス・ブロック 訳:田口俊樹 他『短編画廊 絵から生まれた17の物語』(ハーパーコリンズ・ジャパン、2019)

一枚の絵が切り取った光景は、まさにそのとき、あるいはその前後の、描かれている人たちの心情や身体の動きだったり、光や風、気温などの環境の具合を想像させます。そこには、開かれたものと閉ざされたもの、明るい場所と暗がりの場所の、おおよそはそのいずれもが在って、ある一点に注目をしたと思えば、焦点が合わずに視界がぼやけだし、こんなにも柔らかく穏やかな感触なのに、何処かがいつまでもざわついている気がするのです。違う場所、違う人物、違う空気、違う物語。それでも触れた心地が似ているように感じるのは、ひとりの絵描きが、居たからでしょうか。
TOPへ