宮本常一『生きていく民俗 生業の推移』(河出書房新社、2012)

宮本常一さんの、「生きていくということはほんとうに骨の折れることである」という一節から、この本は始まります。ほんとうにそうだと思うひと、いまは楽になっただろうと思うひと、捉え方はさまざまかもしれません。苦労の仕方だって、いまとむかしでは異なるでしょう。生計をたてるための職業が、暮らしや環境、さまざまな変化のなかで、何らかの必然性を持って選ばれてきたはずです。そのなかでいまの仕事を、生業、と呼ぶのにはどこか違和感も感じます。そんな仕事にも、きっと民俗があって、差別や偏見もまた存在するのでしょう。
TOPへ