串田孫一『古典との対話』(筑摩書房、2012)

古くて有名な本ほど、多くの解釈があって、解説本がいくつも存在していると思います。最初の出会いは、学生の頃の教科書に書かれていた一文や一節だったでしょうか。それからいままで、言葉遣いが堅苦しかったり、時代背景が分からず理解し難かったりして、ついつい敬遠してしまいがちです。あくまでも勉強として読むもののようで、正しい読み方をしないといけない気がするのも厄介です。一度で全部理解しようとする、本そのものとの付き合い方を考え直さないといけないのかもしれません。長く寄り添ったり、時折出会って近況を報告し合ったり、友人はすぐ近くにいるみたいです。
TOPへ