青木淳『原っぱと遊園地 建築にとってその場の質とは何か』(王国社、2004)

繰り返し、効率的に、作られてきたかたちがあります。当然とも言えるが、一見すれば、ありふれていて面白みは感じられないかもしれません。だから、簡単に批判されることもあります。でも、それがかえって、飽きずに長く使い続けられたり、別な使い方を発見したり、思いもよらない新しさがもたらされることもあるでしょう。繰り返す日々のなかの情緒のゆらぎや、いつもの景色の見方をがらりと変える遊戯のような。建築が、あからさまに、楽しげに見えて、どんな体験を与えてくれるのかが分からなくたって良いのです。自由で居られる場所を、思い、描きます。
TOPへ