スーザン・ソンタグ 訳:管啓次郎、波戸岡景太『ラディカルな意志のスタイルズ 完全版』(河出書房新社、2018)

作品に触れる、言葉に触れる、いまいる場所や異なる場所を見つめる。口うるさく感じるほどに、たくさんのことを話しかけてくることもあれば、殻にこもってしまって、声すら聞けないこともあります。受け取る側も、好き勝手にあれこれ意味を探して言葉を重ねたり、飲みこみ難さと戦いつつ口をつぐんだり、反応はさまざまでしょう。 ─新しい感覚に気づかせるような出来事は、いつだって人間のもちうるもっとも重要な経験である─ 双方のあいだにある意志が、がらりと変わる交わりは、単純だから難しいのかもしれません。
TOPへ