岡崎乾二郎『抽象の力 近代芸術の解析』(亜紀書房、2018)

人を描く、植物を描く、風景を描く、たとえば絵は何かを対象として描かれ、それを再現するものと考えられています。スケッチブックなどの画材を持って、ここだと思うところに腰を据え、目に映るものをじっと、あるいは、ぼんやりと眺めながら、線や色面で置き換えて、画面をつくりあげるように。そうして描かれた絵は、見たものを参照したにもかかわらず、絵それ自体でも強い印象を生むのではないでしょうか。図形や色が目立つから抽象というような、見た目の具象か抽象かよりも、絵を描き、見るという場に働く抽象に気づくとき、ひとつひとつの作品の、芸術の力を発見できるかもしれません。
TOPへ