朝吹真理子、福田里香、小林エリカ、ほしよりこ、mamoru、阿部海太郎『庭園美術館へようこそ 旧朝香宮邸をめぐる6つの物語』(河出書房新社、2014)

偶然ともいえるフランスでの生活にすっかり魅せられて、その日常が、まるごとそのまま帰ってきたかのようなのです。建物が、それが建つ場所からずっと遠い場所と時間を抱えてやって来たみたいで、実際に使われた年月よりも、長く豊かな物語が感じられます。 ─瞳を閉じて音楽を感じてみましょう─ 新たな物語も、ふわりとここにおちてきたのでしょうか。まるで仮に綴じられたそれらに触れることで、今はいないひとびとの暮らしと、集められた素材や装飾の、ざわめきに耳を傾けるのです。
TOPへ