おたぐち『フユウ・ライフ』(タバブックス、2019)

どこかでだれかが、自分のためだったり、そうではなかったりしながら、働いています。具体的に、目の前で行き来するひとびとを見ていても、目立つ動きにしか気がつけないどころか、何も見えていなかったかのようです。すぐに役立つとわかること、まるで役に立ちそうもないことがあって、それでもなぜだか各々に役割のようなものがあるのです。これは、人に限ったことではないでしょう。動けるもの、動くもの、動けないもの、動かないもの。今日も、「さて、どうしましょう」と、それぞれが思いを遣るのです。
TOPへ