News & Topicsお知らせ

槇文彦 他『見えがくれする都市』

東京を歩いていると、起伏の多さと、現在でも入り組んだ道が残っていることに驚きます。碁盤の目のように整った道が敷かれていることもありますが、わずかな地形に沿って、町並みがつくられているようです。そんな場当たり的とも言える、自然の形に合わせた都市にも、その背後に構造が隠されているのでしょうか。槇文彦さんは、「奥は見る人、つくる人の心のなかでの原点であり、従って見えざる中心ということもできる」と言います。歩きながら、奥へと誘われていく、その先では、いままで見えていたはずの構造が隠れてしまう。そして、また歩きます。

plateaubooksは文京区白山に2019年3月にopenした新刊本屋です。
店名の「plateau」は平坦を意味します。

平坦で変化のない時間。そんな時間にゆっくり本を読む。そんな時間を、それぞれの楽しみかたで過ごす場所になればと名付けました。1970年代から精肉店として使われていた空間に、古家具をならべ、本を置きました。新しく空間に役割をあたえることで、使われなくなった空間から、新しく価値が生まれました。

本屋として、本によって新しい価値、気づき、感情、行動など、日常のなかで通過している時間に、変化を感じられるようになればと思っています。

中央のテーブルで読書・お菓子・コーヒーなど雑談しながら本を楽しんでください。
〒112-0001 東京都文京区白山5-1-15 ラークヒルズ文京白山2階
都営三田線白山駅 A1出口より徒歩5分です。
営業時間 / 13:00~19:00
営業日 / 不定休。月〜木は本屋のみ。金〜日は本屋とカフェの営業
※年末年始・夏季休暇等の長期休暇はHPにてお知らせいたします。