池内紀『散歩本を散歩する』(交通新聞社、2017)

池内紀さんが「こちらがお伴で、ご主人さまについて歩いた」と言う、散歩の名人たちの、場所の記憶。誰かが歩き、記したその土地を、自分も歩いてみたいと思い、出かけてみます。すでに無いもの、見えなくなったもの、姿を変えながらも存在するもの、変わらず在りつづけるもの、さまざまでしょう。記された時は違えど、同じ景色を想像すると、いま見えているものの奥行きを感じます。そして、言葉で書かれたその土地に、自分の言葉が加わっていくのです。歩くこと、歩いた場所の記憶が重なることが、場所の地霊に成るのかもしれません。
TOPへ