カテリーヌ・ミリネア、キャロル・トロイ 訳:片岡義男『チープ・シック お金をかけないでシックに着こなす法』(草思社、1977)

お金をかけずにおしゃれをする、というとまるでファストファッションの謳い文句に聴こえてきます。既製服を買うことが当たり前になってから、値段という、服に対する判断基準の意味合いが強くなったのでしょう。安価に沢山の服が手に入ることは、普及としては良いことかもしれません。しかし、次々と服が使い捨てられていくこと、流行に応じて自らの姿をあれこれ変え続けていくことには、どこか違和感も感じます。自分と他人、内面と外見の間の中間領域である服から、周りを見渡して考えてみるのです。
TOPへ