千葉雅也『意味がない無意味』(河出書房新社、2018)

「〈意味がない無意味〉とは、もちろん同語反復だ。そこに私の哲学的問題がある」と千葉雅也さんは記します。目の前の物事について、たとえ自分のことや馴染みのあるものでさえ、様々な角度から知りつくそうとしても、どこかに把握しきれない領域が残ります。膨大にある意味に対して立ち尽くすとき、意味があっても無意味になることに気が付きます。それでもそこから動き出す、ただそこに在る身体こそが意味のない無意味だと考えられます。同じ言葉の反復、あるいは二重の否定から、別の道筋が見えるかもしれません。
TOPへ