濱田明日香『かたちの服』(文化出版会、2015)

いま着ている服がどんな形か、言葉にできますか。形を直接言葉にする必要なんてなくて、シャツやジャケットといった服の種類と、細いとか長いとか、少しの形容詞があれば事足りると思います。服はすでに、人の形をなぞっていて、人の動きに合わせてくれているようです。しかし、この本で紹介されるのは、四角や丸、単純な形、そのままです。例えば着物は、洋服と違って動きに制約を生みますが、趣のある所作を引き出すことがあります。人が形をまとってみると、出会ったことの無い姿に出会えるかもしれません。
TOPへ