宮川隆『宮川隆画集 みやこ』(リトルモア、2016)

文字の成り立ちを想像してみます。物の形をかたどったり、点や線を使って数などを表したり、さらにそれらを組み合わせて別や意味を連想できるようになったりします。伝達のための媒体として意味があてがわれていますが、文字自体の存在が別な様相を見せるときもあります。宮川隆さんの絵には、筆跡のような線や、言葉を生み出す口をもった顔の数々が描かれていて、それぞれが何かを伝えようとする媒体としてあるように見えます。しかし、それ以上に、1枚の絵が確かに在って現れてきてしまった光景に驚かされます。
TOPへ