文:ガートルード・スタイン 絵:クレメント・ハード 編集:マーガレット・ワイズ・ブラウン 訳:みつじまちこ 『世界はまるい』

子供のための童話として書かれた本なので、出てくる物や使われている言葉はあどけなく感じます。しかし、この本を読むと、読む人の年齢を問わず、言葉のひとつひとつの存在を感じながら、その意味や作られるイメージを確かめていくような経験が得られると思います。文字の連なりや言葉遊びとも言える、言葉の繰り返しや、素朴な疑問でも、この物語の中では形をもって現れてくるようです。声に出して読むと、言葉の音やリズムも感じられて、より拡がりを感じて味わうことができるでしょう。
TOPへ