岸政彦『断片的なものの社会学』(朝日出版社、2015)

「根本的なところで、やはり私はマジョリティでしかない」と岸政彦さんは記します。この本で語られているエピソードは、身近とは言えないし、もちろん自分が経験したわけではないけれど、どこかで見聞きしたような。想像が及ばないわけではないが、たいして気にもかけなかった断片たちだと感じられます。そんなことに積極的に干渉すべきかどうか。自ら立ち位置の不確かさから、考えを始めるのです。本文同様の「断片」を感じられる写真も必見です。
TOPへ